自分で作るオーダーメイド・ステンレスキッチン

オーダーメイドステンレスキッチンなら、Collabo Kitchen(コラボキッチン)におまかせ!

高いクオリティのステンレスキッチンが、リーズナブルな価格で手に入るとクチコミでも好評を得ています。

Home新着情報オーダーメイドキッチンとは?施工事例よくある質問会社概要お問い合わせ
WEBからのお問い合わせお電話からのお問い合わせ

ステンレスとは?

stainless steel と言う英語は直訳すればステンレス鋼であり、これが日本での正式名称となります。
ステン(錆び)レス(ない)スチール(鉄)= 錆びない鉄という意味になりますが、実際には錆びにくい金属という意味になります。
ステンレスがさびにくい理由は、表面に薄い不動態皮膜(クロムの酸化皮膜)と言われる保護膜ができるためですが、環境が変わるなどしてその不動態皮膜が破壊された場合には、耐食性が失われ錆びてしまうことがあります。

ステンレスキッチンの魅力

1. 素材の中でもとりわけ丈夫

ステンレスは丈夫な素材ですので、切ったり、生地をこねたり力のいる作業でも安心してお使いいただけます。また、ピアサスS-1はキャビネットまでステンレスなので耐久性が高く、長く美しくお使いいただけます。

2. 汚れが付きにくく落としやすい

汚れが付きにくいステンレスは、清潔でお手入れも簡単。汚れがしみこまないから、コンロまわりに油が飛び散ってもサッと拭くだけでお手入れ完了です。

3. 熱に強く劣化しにくい

コンロまわりやシンクは、茹でこぼしの熱などにも強いタフなステンレス。表面を覆う薄い被膜により、さびにくく丈夫です。

4. バランスの良い重厚さと繊細さ

重厚感あるテクスチャーとシンプルで繊細なディテールの調和も、ステンレスの魅力の一つ。その評価は世界中で高まっており、ヨーロッパのデザイン性の高いキッチンにもステンレスは数多く使われています。

ステンレスの種類

キッチンに使われるステンレスには、主に2つの種類があります。

SUS304

SUS304ステンレスは、Cr(クロム)18%、Ni(ニッケル)8%を含むステンレスです。 ステンレス鋼・耐熱鋼の代表として家庭用品や工業用品に幅広く使用されています。 これらの含有率(%)をもって、18-8ステンレスと表すことがあります。 炭素量が少なく耐食性、耐熱性に優れ、溶接性が良好であるため、高級ステンレス鋼として広く用いられています。 ただし、塩素や酸の強い環境では腐食がおきやすく、溶接の熱影響を受けた部分で腐食割れをおこすことがあります。

SUS430

SUS430ステンレスは、Cr(クロム)18%を含むステンレスです。 SUS304に比べ、耐食性に劣るが、安価なため、厨房(台所)用品・家庭雑貨などで多く利用されています。 磁石にくっつく(強磁性)特性があります。 また、熱膨張率が小さく、熱で変形しにくい利点があります。

素材比較

SUS304 SUS430
主要添加元素 クロム(Cr)とニッケル(Ni) クロム(Cr)
カテゴリー オーステナイト系ステンレス
18-8ステンレス
フェライト系ステンレス
磁性 なし(磁石がくっつかない) あり(磁石がくっつく)
価格 高価 安価
耐食性(サビ)
耐熱温度 ○(700〜800℃)
熱伝導率 鉄の1/5(熱が伝わりやすい) 鉄の1/3(熱が伝わりにくい)
熱膨張率 △/大(鉄の1.5倍) ○/小(鉄と同じ)
強度
光沢
加工性
主な用途 建築外装/家庭用品や工業用品 建築内装/厨房(台所)用品・家庭雑貨

ステンレスの魅力オーダーの流れキッチン周りのリフォーム施工事例店舗オーナー・法人の方へ
〒910-0022 福井市花月4丁目10-16
TEL 0776-22-0325 / FAX 0776-21-9532
携帯 090-8267-7114 MAIL
copyright 2019 Collabo Kitchen all rights reserved.
powered by cheltenham software